お客様満足度を向上させるためにも、アカウントの育成はとても大事なことです。

MENU

アカウント育成

 

バズる流れにはインフルエンサーの分析、拡散媒体の調査が重要です。

しかし、これだけではまだ不十分なのです。

 

分析や拡散媒体の調査で分かったのは、どこにバズる可能性があるのか、市場があるのかを見極めるだけです。

どんなに素晴らしい可能性を見つけたとしても、消費者との信頼関係無しにバズることはありません。

自社アカウントによる発信には、信頼関係が必須となるのです。

 

 

他ユーザーとコミュニケーションすることで、アカウントの信頼性は爆発的に向上します。

良い意見にも悪い意見にも、何も反応しないアカウントと、小まめに返信してくれるアカウント、どちらに好感が持たれるでしょうか?
間違いなく後者の方がユーザーに好感を持たれるでしょう。

 

SNSでは誰とでも気軽にコミュニケーション出来るのが当然となっています。
逆に考えれば、コミュニケーション無くして信頼関係は結ばれないということです。
一度もコミュニケーションを取ったことが無い人が発信する情報と、そうでないものでは重みが違います。
バズる確率を少しでも高めるには、ユーザーとのコミュニケーションが必要です。

 

 

コミュニケーションイメージ画像

 

 

そのためには、常日頃からアカウントを育成するのが大切です。

アカウントを育成するとは、信頼度を高める行為だと考えてみてください。
一方的に情報を垂れ流すだけではなく、ユーザーとコミュニケーションして信頼関係を築くのです。
地道な積み重ねが今後の発展へと繋がるのは揺るぎようのない事実です。

 

実際、企業アカウントから返信が来ればユーザーはうれしく感じるものです。
結果として企業イメージの形成に繋がりますし、ブランド力の向上にもなるでしょう。
自然とお客様満足度も向上するため、アカウントの育成はとても大事なことなのです。

 

極端な話ですが、バズる流れを作る際にインフルエンサーとコミュニケーションするのも良いでしょう。
インフルエンサーが情報を拡散してくれるのを待たずに、こちらからアプローチを掛けるのです。
SNSはただの情報ツールではなく、企業戦略に組み込まれるほどの媒体だと認識してみてください。