代表・石崎雄一氏は若くして株式会社メソッドを創業し、システム開発などに取り組んできました。

MENU

石崎雄一氏について

 

株式会社メソッドの代表は石崎雄一氏です。

石崎氏は1986年生まれと若い人物ながらも、会社を設立して成功を手に入れた実力者です。

 

メソッドが設立されたのは2011年9月で、ベンチャー企業として創業されたのです。

創業当初は自らが企画やマーケティングを行い、積極的に事業拡大を狙って行きました。

 

 

代表的なサービスには風評被害を発見、削除、監視を行うSWAGでしょう。

法律対策のために弁護士と連係を行い、風評被害に苦しむ企業や個人を救って来たのです。
システム開発も得意としており、顧客管理システムなどの開発も積極的に行っています。

 

そして、今の株式会社メソッドに、強いては石崎氏に期待したのはMANICのツールです。

 

MANICはソーシャルマーケティング解析ツールで、石崎氏の下で開発されたSNSマーケティングに特化したツールです。

 

インターネットやスマホの普及に伴い、個人がネット情報を見る時間は年々上昇しています。
さらに、紙媒体の広告からSNSでの広告にシフトしてからも相応の時間が経ちました。
企業が直面している問題は、いかにSNSで広告を効果的に消費者へ届けるかです。

 

 

消費者へ届けるイメージ

 

 

そうした問題を敏感に感じ取った石崎氏は、企業のマーケティングサポートを行うべくMANICを開発したのです。
バズる流れをサポートし、バズッたらいいなを実現する手助けをしています。
ユニークなキャンペーンやツイートによりフォロワーがフォロワーを呼ぶ仕組みを生み出します。
これにより広告は爆発的に拡散し、マーケティングが初めて意味を持つのです。

 

時代に適したサービスを生み出す感覚に優れた石崎氏は、非常に優秀な経営者でしょう。

何が望まれているかを判断出来るのは天性の才能です。
これからも時代によって価値観や必要な物は変わって来るでしょう。
そんな中で、石崎雄一氏がどんなサービスを提供するのか注目です。

 

新しいサービスは次々と生まれていますが、本当に優れたものを生み出すのは限られた人だけなのです。
社会に衝撃を与える瞬間を見逃したくないのなら、石崎氏から目を離してはいけません。