MANICは時系列ごとに情報を整理してインフルエンサーを特定します。

MENU

拡散への流れ

 

バズる流れを作るためにはインフルエンサーが重要なカギとなります。

株式会社メソッドが提供するMANICでバズる流れを分析すれば、自然と戦略が見えて来るでしょう。

 

 

インフルエンサーを発見したら、次は投稿時間や性別、フォロワーのアカウントの分析を始めます。

これによってどのタイミングで広告を出すのがバズる流れに近いかを判断出来るのです。
特に重要なのはどのSNSで情報を拡散させるかです。

 

SNSにはツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどがありますが、どれが効果的かを見極める必要があります。
予算が膨大にあるのならすべてのSNSで広告を出す物量作成も可能でしょう。
しかし、大抵の企業は予算が限られており、コストカットが重視されています。
無駄な予算を使わないように、そして高い効果を出すためにも拡散媒体はしっかりと判別しなければなりません。

 

インフルエンサーやそのフォロワー達が使用する時間帯、SNS媒体が判明したら行動開始です。
効果的な時間帯に判断したSNS媒体へ広告を流し周知させれば、自然とバズる流れが生まれて来るのです。

 

このようなインフルエンサーを特定して情報を流す手段を用いれば、バズる流れは作れるのです。
未来がどうなるかを完璧に予測することは不可能ですが、限りなく成功率の高い手段は実行できます。
どんなに優れたバズるネタも、それに興味を持つユーザーへ届けられなければ意味が無いのです。
だからこそ、インフルエンサーの分析と拡散媒体の調査は徹底する必要があります。

 

 

調査するイメージ

 

 

分析と拡散、これは企画と戦略と言い換えても良いでしょう。

情報が氾濫する現代では、やみくもに情報を流しても飲み込まれて埋もれてしまいます。
しっかりと情報が届くように企画と戦略を用いなければ、現代でバズる流れを手に出来ないのです。

 

株式会社メソッドのMANICは、時系列ごとに情報を整理してインフルエンサーを特定します。
SNS媒体や利用時間、男女比率なども分析出来るため、マーケティングの貴重な情報源になるでしょう。