MANICであれば簡単に情報を分析し、見やすいグラフとして表示することが出来ます。

MENU

MANIC実践例その①

 

株式会社メソッドが提供するMANICの実践例を取り上げてみたいと思います。

まず、最初はTVで活躍しているタレントのROLAさんを例にしてみましょう。

 

 

MANICによる分析を行うと、タレントのローラさんがどのSNS媒体で情報を発信しているかが分析されます。

ローラさんはツイッターはもちろんのこと、インスタグラムにアメーバブログ、さらにはナタリーでも情報発信を行っています。
これらの情報を踏まえると、ローラさんが興味を示す情報を提供出来れば、上記の媒体すべてに拡散されると見て良いでしょう。
個人でこれらの情報を調べるのは非常に大変ですが、MANICであれば簡単に分析が可能です。

 

次に投稿時間が判明します。

タレントのローラさんは、主に12時から16時に情報を発信することが多いのが分かります。
撮影や収録の休憩や移動時間にSNSを更新しているのが予測されます。
インフルエンサーになるローラさんが、情報を目にしやすい時間帯に広告やキャンペーンを出す必要があります。

 

また、ローラさんをフォローしているユーザーも分析して行きます。

有名で影響力の高い人物を上げると、タレントの有吉さん、奈々緒さん、三村さんが浮かび上がります。
どんな人に影響を及ぼすことが期待されるかがはっきりと分かるのです。

 

もしTV番組のキャンペーンを拡散するとしたら、ローラさんにSNSで投稿してもらうことで反響が広がるでしょう。
キャンペーンを企画して番組の宣伝を行い、そこでSNS投稿を行う流れによってバズる流れを作ります。

 

ここまでの情報を集めようとすれば、膨大な時間を費やすことは目に見えています。
しかしMANICであれば簡単に情報を分析し、見やすいグラフとして表示が可能です。
インフルエンサーの分析や情報拡散の調査は、専門のツールがある方が精度も効率も良くなるでしょう。

 

 

今回はタレントのローラさんを例に挙げましたが、これはSNSに存在するアカウントなら誰でも良いのです。
企業が計画する戦略に合わせて分析対象を変えてみると良いでしょう。