株式会社メソッドのMANICは、緻密な分析と戦略でバズる流れをサポートします。

MENU

MANIC実践例その②

 

株式会社メソッドが提供するMANICの実践例を紹介します。

ここではソフトバンクの孫社長をインフルエンサーとしたケースで考えてみたいと思います。

 

 

MANICで孫社長の情報を分析すると、いろいろなことが分かって来ます。

まずはSNS媒体がものすごく多いことが判明するのです。
ツイッターやニコ生に始まり、朝日新聞や産経新聞などへプレリリースを行っています。
情報の拡散はSNSよりは新聞が多いのが分かるのです。

 

投稿時間は主に12時から14時となっており、夜間もそれなりに投稿数が多い傾向が見て取れます。
これを踏まえると、孫社長は昼間に情報を拡散するというのが分かります。
企業がキャンペーンや情報を出すのは上記の時間に合わせるのが最も効果的でしょう。

 

次に孫社長の周りに居る影響力の高いアカウントですが、橋本弁護士、猪瀬元知事などが挙げられます。

つまり孫社長が情報をSNSに投稿すれば、こうした著名人にも情報が拡散されることになります。
どのような流れで情報が拡散されてバズるかの道筋がはっきりと見えて来たでしょう。

 

孫社長のケースでは、下記のように情報が拡散しているのです。

経営者向けのキャンペーンが企画され、プレスリリースがが行われます。
その後、SNSや新聞に情報が掲載され、インフルエンサーの反響が生まれて来るのです。
インフルエンサーによって拡散された情報は、瞬く間に広がって行くでしょう。

 

 

SNSを活用したマーケティングでバズる流れを作りたいなら、類似のケースを分析するのが最も効率的です。

アピールしたい商品が食材なのか、娯楽なのか、高級品なのかで戦略は変わります。
その際、バズッた類似商品を見つけて分析を始めれば、どこから情報の拡散が行われているかが判明します。
後はそれを参考に、もう一度バズる流れを再現すれば良いのです。

 

SNSでバズる流れは作れます。
ただし、それには緻密な分析と戦略が必要になるのは言うまでもありません。
株式会社メソッドのMANICは、バズる流れをサポートしています。