キャンペーンで認知度アップに成功すれば、バズるのに必要なアカウントの信頼度が上がります。

MENU

Twitterでの企画

 

SNSで話題を集めたいのなら、キャンペーンで認知度アップを狙うのが効果的です。

ここではツイッターでの企画を参考例にしつつ、どのようにユーザーを獲得するか紹介します。

 

 

Twitterのロゴ

 

 

リツイートキャンペーンで認知度アップを狙うのは、初歩的でありつつも高い効果が見込まれます。

例えば、リツイートした人の中から抽選で商品券をプレゼントするキャンペーンなどがあります。
リツイートすることで何かプレゼントを貰えるようにするのです。
これにより、キャンペーンの内容に興味がある人だけでなく、プレゼント目当てで情報を拡散する人も出て来ます。
情報が拡散されればそれだけ認知度が上がりますので、こうしたキャンペーンはとても有効なのです。

 

また、ユーザー参加型の企画を提供するのも良いでしょう。

何かのデザインを募集したり、ネーミングやキャッチコピーを募集したりするのも良いです。
この時、募集をチーム制にするとより多くの参加者を募ることが出来ます。
キャンペーンで認知度アップに成功すれば、バズるのに必要なアカウントの信頼度が上がります。
内容が秀逸であれば、キャンペーン自体がバズる流れを作ることもあるでしょう。
無駄打ちするのは情報が錯そうするので良くありませんが、週1ペースでのキャンペーンは有効です。

 

さらに一工夫付け加えて、リツイートキャンペーンに動画や写真を添えるのもポイントです。

面白い動画であればそれだけで拡散されますし、美味しそうな料理、興味を引く風景、魅力的な商品があれば注目も集まります。
キャンペーンを考える際に企業側は伝えたい情報を真剣に考えますが、ユーザーが楽しめるかどうかはあまり考えていません。
ユーザーが楽しめるような話題を提供することこそが、SNSでの認知度アップに貢献してくれるのです。

 

ユーザーとのコミュニケーションや楽しんでくれるかどうかを意識したキャンペーンにすれば、自然とリツイートは増えるでしょう。
ツイッターは今でも多くのユーザーが利用しているのでうまく利用してください。