メソッドが展開するMANICは緻密な分析をして、バズるための戦略を組み立てます。

MENU

MANIC活用法

 

広告やプロモーションがバズって欲しいと思っても、どうすれば良いのか分からないことが多いです。

なぜなら、確実にバズる保証はどこにも無いからです。

未来を予測することが不可能なように、何がバズるかを予測するのは無理なのです。

 

しかし、緻密な分析や戦略を用いれば、不可能な状態を覆すことが出来るのです。

 

 

株式会社メソッドが提供するMANICが、どのように活用されるか見てみましょう。
  1. まずはソーシャルマーケティング活用による市場調査です。

    どのような市場があり、反響までのデータを蓄積して活用するのです。

  2.  

  3. 次はインサイト分析で、企画立案時に市場に対してどんな反響があるのかを分析します。

    好意的に見てくれるのか、否定的に見られるのかは非常に重要なことです。

  4.  

  5. その後は類似モデルからバズッた流れを解析します。

    未来は予測出来ませんが、過去の流れを参考に未来予測を立てることは可能なのです。

 

インフルエンサーの把握も忘れてはいけない重要なポイントです。

実施するキャンペーンの分野におけるインフルエンサーを分析し、何が効果的なのかを見極めます。
フォロワー分析も大切で、インフルエンサーの周りを取り囲むフォロワーの活動や趣味を分析します。
ここがとても重要で、どんな情報に興味を示すかをしっかり判断しなければなりません。

 

さらには拡散媒体の調査も行います。

一口にSNSと言っても、ツイッターやフィエスブック、インスタグラムでは利用者の性質が違います。
若者向けなのか高齢者向けなのか、男性か女性かでも広告を出す媒体は変わって来るのです。

 

そしていよいよ企画と戦略を組み立てます。

ここまでに分析したデータを基に、最終的なキャンペーンの内容や文言をまとめます。

 

最後はオウンドメディアより発信し、広告が拡散する流れを実行します。

パズりそうなネタを思い付いても、戦略無しに広告化しても失敗に終わるでしょう。
リーチ出来なければ意味は無いのです。
ユーザーにリーチ出来る、価値あるバズりを得るには緻密な分析と戦略が必要不可欠です。