個人・企業から多くの需要があるリスティング広告について分かりやすく解説していきます。

リスティング広告とは

広告関連の仕事をしているなら、リスティング広告の名前を聞いたことがあるでしょう。
そうでない人にとってはあまり聞き馴染みが無い単語かもしれません。
インターネットを活用する女性
リスティング広告とは、誰もが何度も目にしているぐらい頻繁に表示されているものです。
表示される場所は主にYahooとGoogleです。

インターネットで何かを調べたい時、どのように調べるでしょうか?
ほとんどの場合はYahooGoogleで調べたいキーワードを入力しているはずです。
その時、右側のスペースや画面上部に文字の広告が表示されいます。

 

これがリスティング広告となります。

リスティング広告で売上が発生する仕組みとは?

 

検索したキーワードに関連する広告が表示され、クリックされたらお金が発生する仕組みになっています。
そのため低予算で広告が展開でき、手間もほとんど少ないといった利点があります。

 

しかし、この低予算と手間が少ないのが鬼門となるのです。

キーワード選出に悩む様子
キーワードと言っても無数に存在しています。
適当なキーワードを入力するだけでは、狙っている顧客に広告が届かなくなり何の成果も上がりません。

 

例えば、自動車を買いたいと思っている顧客に、自動車を売ってください、という広告を出しても無意味です。

 

同じ自動車というキーワードであっても、買いたいのか、売りたいのか、修理したいのか、などで状況は変わります。
キーワードは厳選し、しっかりと狙いを定めなければいけないでしょう。

ユーザーの需要を分析したリスティング広告

 

ちなみに、リスティング広告はすぐに修正したり追加したり出来ます。
クリック率が悪い場合にすぐ調整出来るメリットもありますが、それには相応の時間と戦略が必要となります。
誰でも簡単に広告を出せるからこそ、お金以外の工夫と戦略が求められています。

リスティング広告によって成果が上がるイメージ
人気の高いキーワードは他社との競合にもなるため、1クリックで数千円の予算が発生する場合もあります。
採算性があるかは事前に確認しなければ、思わぬ出費にもなり兼ねませんので注意しましょう。

 

リスティング広告は欲しい、やりたい、と思っているユーザーに直接アプローチ出来ます。
うまく利用すれば大きな成果を上げるでしょう。

 

ページの先頭へ戻る