ユーザー目線を重要視するGoogleでリスティング広告を出す際の注意点をまとめていきます。

Googleのリスティング広告

Googleのリスティング広告は、国内のシェアで約36%を占めています。
トップやYahooで約57%のシェアを持っています。

 

検索エンジンとして広く使われているイメージがあるGoogleですが、リスティング広告のシェアはYahooに遅れを取っているのです。
これは両者のリスティング広告の仕組みの違いがあるからです。

 

Yahooのリスティング広告の傾向は、キーワードの入札単価重視です。
つまり大金を出せば出すほど広告の露出度が増え、ユーザーにクリックされやすい状況になります。
広告がクリックされるコンバージョン率が高い場合は上位表示になるのです。

 

 

一方でGoogleのリスティング広告は、リンク先のページの品質重視となっています。

Googleのロゴ
大金を出せば広告表示の露出を増やせるとは一概には言えないのです。
リスティング広告をクリックした後に飛ぶページが充実しているか、それによって広告の表示順位が変わります。

 

ページが充実しているかは、テキスト数やユーザーの滞在時間など、膨大な項目により評価されています。
大金を積んでも他社の広告よりも優位に立てないのがGoogleの利点であり難点でもあります。

 

 

Web会社のサポート体制

多くの広告代理店では広告が表示されるようにして終わり、というのが一般的です。
表示されるのも重要ですが、最も肝心なのはクリックされて商品が売れるかどうかです。
技術力のあるWeb制作会社
技術力の確かなWeb制作会社では、コンバージョン率をアップさせる広告を提供しています。
また、最短で1日で表示可能にするスピードも合わせ持っています。

 

技術力の高い専門業者の特徴として、リスティング広告からサジェスト機能、SEO対策などの一貫サービスもしており最善のコストパフォーマンスが展開されるという点が挙げられます。

 

圧倒的キーワード数を持ち揃えており、問い合わせ数の向上を前提にしたリスティング広告の作成を行います。
リスティング広告も出して終わりでは無く、張り付いてワード監視を行い分析を進めます。

 

Googleリスティングは大金を必要とせず、ユーザーから見た品質を重視しています。
何を以て品質とするかのサポートもしてくれるので、気になる方は大手Web会社へ相談してみてください。

ページの先頭へ戻る