国内で成果を上げるならYahooリスティング広告を利用すべきでしょう。

Yahooのリスティング広告

リスティング広告のシェアを占めるのは、主にYahooGoogleです。
では、どちらの方がシェアが大きいか分かるでしょうか?

 

大抵の人はおそらくGoogleと答えるでしょう。
CMや新サービスを大々的に宣伝するGoogleの印象が強い中、意外にも国内シェアでトップなのはYahooなのです。

 

Yahoo!のロゴ
つまり、リスティング広告で商品を宣伝するならGoogleよりもYahooの方が効果が高くなります。

 

Yahooの場合、広告のキーワードに対して落札制が導入されています。

設定した上限金額が訪れるまで、特定のキーワードを検索したユーザーにリスティング広告を表示してくれます。
広告枠はテキストで自由な表現が可能なので、ここが最も重要で腕の見せ所となります。

 

クリックされなければ広告を見てもらえないため、いかにユーザーの注目を集めてクリックさせるかがカギなのです。
キーワードの選定、テキストの構成など、広告代理店の技術が最も問われます。

 

Yahooサジェストと虫眼鏡表示の対策

Yahoo検索の虫眼鏡イメージ
Yahooサジェストと虫眼鏡表示の対策も忘れてはいけません。
最上部に効率重視の広告を出しているなら見直す必要があります。

 

重要なのは自然表示と誘導ストーリーです。

サジェストで探しているキーワードを表示し、虫眼鏡機能で注目度の高いキーワードを出します。
これによりユーザーをうまく誘導して目的の場所へと引っ張って来れるのです。

 

大金を積めば最上部に広告を出すことは可能です。
しかし、それだけで大量のクリックと成果を生み出すことは出来ません。

 

自然な流れで、あくまでもユーザーが自分で商品を見つけたと思わせるのが大切です。
それと同時にSEO対策も行えば、リスティング広告をしなくても検索上位に表示されるようになるでしょう。

 

ページの先頭へ戻る